• 最新情報
  • チャレンジドミュージシャン
  • イベント情報
  • DVD書籍購入
NPO法人日本バリアフリー協会
Sections

ミュージシャン

印刷する

髙橋 直樹
髙橋 直樹
5歳からピアノをはじめ、今回演奏するマリンバは小学2年生から始める。リハビリとして始めたピアノとマリンバで夢を持ち努力を続けている。
叔父の脳梗塞の際に聞かせてから、周辺の皆様から「勇気が出る」「前に進める」などのお言葉を頂き、学校・病院で演奏している。震災後、家の事も楽器類も大変な状況であったが、「音楽を聴いてほしい」という声に、まず楽器を購入し音楽活動を続けている。諦めず夢や希望を持ち目標を決め努力そしていけば可能性は広がる。その大切さを音楽を通して伝えたい。
楽曲名視聴
神田 多恵子
神田 多恵子
17歳の頃より音楽活動を開始し、昨年12月に初のワンマンライブを成功させるなど、都内ライブハウスを中心に精力的に活動中。
私は、三尖弁閉鎖不全という障がいが生まれつきあって、子供の頃から身体は弱く、自分がどうして 「普通」ではないのか、と悩んでばかりいました。14歳の時、音楽に出逢って心を救われたことがありました。私にも、誰かの心の支えになるような、元気を与えられるような歌が歌えたらいいなぁ、と思い、今回 このようなコンサートがあると知って応募させていただきました。自分とは、また違った障がいや病気を持った方たちと知り合えるような場所でもあるし、もっと 視野を広げてみたいです。そして、大きなステージに立ってここまで育ててくれた、母親やファンのみなさんに その姿を見せたいです。よろしくお願いいたします。
楽曲名視聴
DJ Yuta & Yuichi
DJ Yuta & Yuichi
鳥取県で活動するエレクトロニカ系のテクノ・ユニット。2014年の結成以降県主催のあいサポート・アートとっとりフェスタ2014や青山剛昌ふるさと館などで精力的にライブを行う。楽曲の制作には基本的にPCを用いるが、ライブではシンセサイザーとギターのみによる即興演奏も得意としている。また2015年3月にはアート・ユニット"Sandglass"名義で、横浜で開催された在アルメニア日本大使館設立記念交流展覧会に参加。更に県の鳥取力創造運動支援補助事業による映画『うさぎ、追いし』に出演・演奏(平成27年公開予定)するなど、音楽に限らずアートの各分野でも幅広い活動を展開している。
楽曲名視聴
YOUTA
YOUTA
昨年の第11回ゴールドコンサートでは『ENDROLL』で楽曲賞を受賞し、2度目の出場。
天性の音楽好きで、鍵盤とラジカセをおもちゃに育ち、現在ふるさと富山を拠点に、作編曲家・ピアニストとして活躍中。
全国各地でのライブ、歌手や楽団のプロデュース、宝塚歌劇団出身の女優・内田もも香との共演など多彩。
また、自らの経験や障がいを活かした福祉関係の講演、音楽イベントの企画・アマチュアバンドとの交流を通して地元音楽界の発展と地域文化の活性化に取り組むなどの活動も行なう。
楽曲名視聴
ENDROLL

楽曲の視聴にはフラッシュプレイヤーが必要です

フラッシュプレイヤーのダウンロードはこちら

柳田 誠
柳田 誠
8年前脳梗塞で倒れ、左半身マヒで車椅子・失語症・言語障がい・記憶障がい・視力障がい・高次脳機能障がいを患う。左手指のリハビリのためウクレレを始める。2012年多人数ウクレレ演奏でギネス認定。同年、障がい者支援CDをリリースし、CD売上金を障害者支援団体に寄付。病気に負けてたまるかライブを継続中。現在は音楽療法士として活動し、言語聴覚士に挑戦中。
楽曲名視聴
배희관밴드(ベ・ヒガン バンド)
배희관밴드(ベ・ヒガン バンド)
2014年に結成、同年に「序章あなたと一緒に」を発売。リーダーのべ・ヒガンの名前からとったバンド名で、歌う「俳優」や遊び心のある「音楽喜劇」、バンドと観客が呼吸するかのように一つになって共感できるステージを目指すモダンロックスタイルバンドである。 障がい者、健常者、男性、女性、様々な年齢のメンバーで構成されており、音楽には、障がい、年齢、性別など、いかなる障壁がないことを体現しているバンドである。
楽曲名視聴
我如古 盛健
我如古 盛健
30代で難病の神経原性筋萎縮症を発症。歩行や会話等が困難になる。医者に回復困難と診断され、筋力が衰えていく恐怖と闘いながらも前向きに音楽活動を行う。車いすで各地の施設、学校等を訪問しボランティアでライブを行う。その数年間60ヵ所以上、県内に止まらず神奈川、宮崎と精力的に障がい者の社会参加・自立を目指し活動する。自然発生的に障がい者や支援者が集まりケントミファミリーとしてボランティア活動を拡大、障がい者の住み良い社会づくりに邁進する。その功績が認められ平成25年度のコロニー大賞を受賞する。苦難を乗り越えて魂の底から奏でる唄と三線は聴く者に感動を呼ぶ。
楽曲名視聴
矢作 文香
矢作 文香
7歳の時に交通事故で右手を失い、自信を無くした時に唯一自信を持てた事が音楽でした。
音楽を通じて皆に元気をあたえられたらと思います。
楽曲名視聴
Your LOVE

楽曲の視聴にはフラッシュプレイヤーが必要です

フラッシュプレイヤーのダウンロードはこちら

上州ろう太鼓・心響
上州ろう太鼓・心響
2001年に結成し、聴覚障がい者をメインとし、群馬県太田市を拠点に活動する和太鼓集団。
「上州」は「群馬県」、「ろう」は「聞こえない・聞こえにくい」、「心響」は「響き合う心と心」という意味が込められています。
現在、会員は21名おり、そのうち聴覚障がい者が13名、健聴者が8名います。
活動目的としては、聴覚障がい者の理解を深め、可能性をアピールする為に、福祉団体などの各種行事、地域や企業の祭り、福祉施設慰問、学校関係での人権学習講演など、いろいろな所で演奏や講演をしています。
夢は海外公演。実現する事を夢見て、様々な活動をしています。
楽曲名視聴
野田 あすか
野田 あすか
ピアノパラリンピックinカナダにて、銀メダルを受賞。
そののち、テレビドキュメンタリーにとりあげられ、活動の幅が広がり、ソロリサイタルを開催。その後、「こころのおと」と題して、イベントや施設で演奏しています。
楽曲名視聴
思いやりの風

楽曲の視聴にはフラッシュプレイヤーが必要です

フラッシュプレイヤーのダウンロードはこちら

久保 ∞
久保 ∞
脊髄損傷ギタリスト久保正晃、ヒップホップユニットinner thoughts、DJ Kaz-yがコラボレーションするロックサウンド。一人ひとりの個性が際立つユニットであり、都内を中心に活動しています。
私と同じような障害のある方に、音楽を通して勇気や希望を与えられたら幸いだと思い、この度応募いたしました。
楽曲名視聴
Blaze up

楽曲の視聴にはフラッシュプレイヤーが必要です

フラッシュプレイヤーのダウンロードはこちら

矢田 匠
矢田 匠
先天性外耳道閉塞症・小耳症のため、右耳の聴力がありません。幼少に習っていたピアノがきっかけで、どんどん音楽にのめり込み、今は音響・レコーディングエンジニア等の耳を使う仕事をしています。どうしてもハンデを感じてしまう場面はありますが、大好きな音楽にいつも触れていられる事への感謝の気持ちで、毎日頑張ってます。
自身も音楽活動をしてましたが、数年前にバセドー氏病を発症し、思うように歌えなくなり、最近は指の麻痺も出てきてますが、体調の様子を見ながら、ペースを落としつつも、のんびりと演奏を楽しんでます。
楽曲名視聴
馬鹿息子

楽曲の視聴にはフラッシュプレイヤーが必要です

フラッシュプレイヤーのダウンロードはこちら

Yoppy
Yoppy
18歳で統合失調症と診断され精神科病棟に計8回の入院。
20代の半分以上を入院生活についやす。
30代になって、精神病患者が通う作業所に行きながら音楽活動を本格的に開始!現在、場所を選ばず様々な所でギター弾き語りをする。
楽曲名視聴
心のネジ

楽曲の視聴にはフラッシュプレイヤーが必要です

フラッシュプレイヤーのダウンロードはこちら

まえぽん
まえぽん
都内を中心にライブ、音楽ボランティア・講演会など行っています。福祉施設、小/中学校、大学等に伺っています。5周年記念ゴールドコンサートで唄った「kokoro Candy」で2010年10月にメジャーデビューしました。スマートフォンラジオ「まえぽんのラジぽん!」オンエア中!!あなたの街で唄わせてください。
楽曲名視聴
kokoro Canddy

楽曲の視聴にはフラッシュプレイヤーが必要です

フラッシュプレイヤーのダウンロードはこちら

iku
iku
昔から、ちょっと変わった子どもでした。生きづらさは年齢を重ねるとともに大きくなり、27歳で広汎性発達障害という診断を受けました。少しでも生きやすくなるように、試行錯誤を繰り返す毎日です。
学校時代は合唱部に所属し、ピアノやエレクトーンを習っていましたが、社会人になってからは音楽から遠ざかっていました。診断後、あるきっかけでエレクトーンで作曲を始めました。コミュニケーションが苦手な私ですが、曲が言葉にならない気持ちをみんなに伝えてくれています。私らしい曲を、マイペースで作り続けていこうと思っています。
楽曲名視聴